ぎっくり腰になったら?

ぎっくり腰(急性腰痛症)は、顔を洗おうとして体を曲げた、靴下を履こうとしてうつむいた、中腰で荷物を持ち上げた、何気なく振り返った、など日常生活におけるちょっとした動作がきっかけで生じます。

20歳以下で見られることはほとんどなく、椎間板や関節などに加齢現象が始まってくる30歳以降の人や過去に急性腰痛を経験された人は注意が必要です。

腰椎(腰骨)は5個の椎骨で構成されていますが、それを支えている椎間板や関節、筋肉や靱帯などに部分的な損傷が起こることによって、強い痛みが生じると考えられています。

殆どの場合は、1ヶ月以内に自然軽快しますので、自然治癒を妨げない配慮が必要です。

これを繰り返していると椎間板ヘルニアを合併したり慢性腰痛へ移行したりすることがあるので、 正しい対処の仕方が大切です。

まず、無理をせずに安静にすることが大切で、痛みを我慢して無理に仕事を続けるのは避けましょう。

横になって、膝・股関節を曲げてエビのような状態で休みましょう。また、腰部を冷やすのも効果的です。痛み止めなどがあれば服用するのも有効です。

しかし、冷やしすぎると皮膚を刺激して悪化することもあるので 氷嚢などをタオルでくるんで1回につき15分ほど冷やすのが良いと言われております。

炎症が起こっているので当日は入浴も避け、しばらくは、マッサージなども控えたほうが良いでしょう。

安静は必要ですが、4日以上の長すぎる安静は回復を遅らせるとも言われています。 このため、個人差はありますが、ある程度痛みが引いたら安静を続けるよりは 適度に動くほうが早く回復すると考えられます。

2~3日の安静で効果がない、身体を動かさないのに腰痛がある、安静にしていても余計にひどくなっていくときなどは、他の疾患も考える必要がありますので、かかりつけ医や整形外科などへの受診をお勧めします。

腰に優しいグッズはコチラ

健康に役立つサプリメントの種類

不規則な食事、偏った食事を補ったり、健康を維持・増進したりする目的で「サプリメント」を利用する人が増えています。

サプリメントには、保健機能食品と一般食品の2種類があり、その形態も、錠剤やカプセル、粉末、栄養成分などをプラスした飲料やヨーグルトなどさまざまなものがあります。

サプリメントとは、体に必要な栄養成分や、体によい効果をもたらす機能成分を補う食品を言い、錠剤やカプセルのように薬に似た形態のものもありますが、あくまでも食品なのです。

このサプリメントと呼ばれている食品には、健康を保つことを目的に作られ、科学的な根拠に基づいて厚生労働省が定めた条件を満たす「保健機能食品」、日常的に食べている食品、保健機能食品以外で製造者や利用者が健康食品と考えている一般食品があります。

保健機能食品は、さらに、

■特定保健用食品(トクホ)

製品ごとに厳密な臨床試験が行なわれ、有効性や安全性についての一定の基準を満たしたものが、厚生労働省によって許可され、1991年に制度化された特定のマークが付いております。

体の健康維持に有効な機能成分が含まれている食品で、血中のコレステロール値を正常に保つのを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立ちます。

■条件付き特定保健用食品

2005年4月から始まった新しい制度で、特定保健用食品と同様の食品ですが、有効性の科学的根拠ではトクホには及ばないものの、一定の有効性が確認されたものです。

■栄養機能食品

日常の食事で不足する栄養素を補うもので、現在、厚生労働省により基準が定められている栄養素は、ビタミン12種類、ミネラル5種類です。

これは、トクホと違って、個別に厚生労働省の許可を受けたものではありませんが、同省の規格基準を満たす商品だけが、栄養機能食品と表示することができます。

健康寿命とフレイルの関係

糖質の種類

「単糖類」は、これ以上分解することができない、最小単位の糖です。「二糖類」は単糖類が2個結合したもの、「オリゴ糖」は3~10個ほど結合したもの、そして、「多糖類」は10個以上結合したものをいいます。

よく「糖類」という言葉を耳にしますが、これは、「単糖類」と「二糖類」の総称です。

「単糖類」の代表的なものは、ブドウ糖や果糖で、これらは、果物やハチミツなどに多く含まれています。

「二糖類」の代表的なものは、砂糖や乳糖・麦芽糖で、甘い食べ物や牛乳・穀類などに多く含まれています。

「オリゴ糖」は「少糖類」とも呼ばれておりますが、これは、腸内細菌の中でも特に身体に良いとされるビフィズス菌の栄養源になって繁殖をサポートします。

このため、「単糖類」や「二糖類」とは異なり、「オリゴ糖」は積極的に摂るべき糖といえます。

バナナや玉ねぎに含まれる「フラクトオリゴ糖」や、牛乳に含まれる「ガラクトオリゴ糖」などがこれに該当し、7種類の「オリゴ糖」が存在します。

「多糖類」は、デンプンやデンプンが少し分解してできる「デキストリン」や、肝臓や筋肉に含まれている「グリコーゲン」などを言いますが、「単糖類」が1万個以上も結合したものも存在しております。

「糖質の摂りすぎに注意」とは、正確に言うと「単糖類」と「二糖類」や「デンプン」の摂りすぎに注意ということになります。

「血糖値」の改善はコレで♪

認知症の予防や改善は可能?

認知症は病気として認められている症状です。そして、認知症は進行性の病であり、簡単に改善できる病気ではありません。

しかし、絶対に改善しない病気というわけでもありません。認知症は予防も改善もできる病なのです。

認知症を改善していくためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

■健康的な生活を心がける
 認知症には、誰もが突然なるわけではありません。たいていは、何かしらのきっかけらしきものがあり、前兆があり、次第に病気が進行していきます。
まずは、健康的な生活を心がけるようにしましょう。健康な生活は、日常生活の基本を整えればよいだけです。
栄養バランスの優れた食事をしっかりとったり、睡眠不足や代謝の低下をくいとめるというだけでも十分健康な生活を送れます。
 また、幾つになっても意欲をもって生活することが、毎日にうるおいをもたらします。やる気がなくなってしまったことで、一気に認知症を発症してしまう人も少なくないのです。

■専門家による早期治療
認知症は、早期から治療をスタートすると、大きな改善が見込めるといわれます。
このため、認知症?と疑われるような症状が認められたら、まずは、外来を受診してみることをおすすめします。
また、周囲も認知症を悪化させるような言動を控え、丁寧なケアをすることも大切です。

介護疲れを防ぐためのお役立ち情報

体臭サプリメントの選び方

体臭サプリメントは多くの商品が販売されているので、どれを選んだらいいか迷ってしまいます。

成分を比較しても素人ではどれが良いのか判断できませんし、値段が高い方が効果が高いとも限りません。

体臭サプリメントを選ぶにあたっては、3つのポイントに着目しましょう。

■有効成分の効果や含有量が多い

臭い成分を抑えるのに効果的な成分はシャンピニオンエキスや柿渋エキスなどがありますが、これらの含有量が多いものを選びましょう。

■長く続けられる値段

体臭サプリメントは、1回や2回飲んだだけで体臭対策ができるわけではありません。効果を出すためには長期間飲み続ける必要があります。このため、続けられる値段であることが重要ですので、自分の財布と相談をして、続けられる値段のサプリを選びましょう。

■リピート率が高い

効果の高さというのはリピート率を見ればわかります。リピートされることなく一度きりしか買われない商品であっても、「販売総数〇〇万個!」と宣伝して販売している商品もあるので、こうした宣伝文句に惑わされることなく、リピート率の高い商品を選びましょう。

評判の体臭サプリはコチラ

症状に応じた食事宅配サービス選び

■糖尿病
糖尿病や糖尿病予備軍の人にとって大切なのは、エネルギーを摂り過ぎず、三大栄養素のたんぱく質・炭水化物・脂質のバランスを調整することです。
このため、カロリー制限食を扱っている宅配食サービスを選びましょう。

■腎臓病
腎臓病の食事療法は、1日のたんぱく質の制限量や塩分、カロリーの摂取目安なども細かく決められております。 
腎臓病治療のポイントは、進行をできるだけ遅らせることと言われておりますが、食事で栄養状態をしっかりとコントロールをすればそれが可能と言われております。
医師と相談し、自身の症状に合った宅配食を選びましょう。

■高血圧・減塩が必要
塩分摂取量の目安には様々な基準がありますが、血圧の高い人では1日あたり5∼6g。健康な人であっても7∼8g未満が良いとされています。
プロの栄養士が監修した減塩食を選びましょう。

■高齢者
高齢になればなるほど、噛みにくさや飲み込みにくさで毎回の食事が大変と、食事にまつわるお悩みが増えてくるのが悩みの種です。
高齢者の方にも食べやすい、ちょうどいい柔らかさにこだわったご飯が食べられるか、 塩分も考慮したバランスのとれた食事が出来るかという観点から選ぶと良いでしょう。

■ダイエットをしたい
ダイエットのために利用する場合は、「糖質」と「カロリー」がポイントとなりますので、カロリー制限食を扱う食事宅配サービスを選びましょう。
「食事宅配サービス」で食事制限の悩みを解決♪

空気清浄機の運転音と重量

寝るときに空気清浄機の音が気になるという方にとっては、静音性が大切なポイントでしょう。

運転時の音はdb(デシベル)で表していますが、能力が高い=風量が大きければ、当然音も大きくなりますので、音が気になる人は要確認です。

特に、寝室で一晩中使いたい場合うるさくて眠れないということの無いように、最小値をチェックしましょう。弱または静モードで25~15dbあたりが一般的なレベルでしょう。

音の他に注意が必要なのは、本体重量やサイズです。その部屋に置きっぱなしであれば、サイズは気になりますが、重量は特に問題となりません。

しかし、1台の空気清浄機をリビングから寝室と持ち運んで使いまわす場合は、サイズもさめことながら、重さが重要なチェックポイントとなります。

これに加え、ハンドルが付いているか否か、キャスターの有無など、持ち運びやすさもあわせてチェックが必要です。

また、吸気・排気のためにも回りに余裕がある方が、効率よくなりますので、置くスペースを考慮して本体サイズを確認しましょう。

PM2.5・花粉・ウイルス対策にレンタル空気清浄機

ダイエットサプリの賢い選び方

賢いダイエットを実行するうえで欠かせないのが、栄養学の知識と各種サプリメントの特性に関する理解でしょう。

身体に脂肪が蓄積されるメカニズムや、逆に脂肪が無くなっていく仕組みを理解していなければ、どのような食事をしてどのような運動を行うのが一番効率的か判断できません。

また、通常の食事だけでは補い切れない栄養素やダイエットを効率よく推進してくれる成分などを摂ろうと思えば、サプリメントの手助けなしには考えられません。

そして、ダイエットサプリを選ぶ前に、まず自分の肥満タイプを理解していないと間違った摂取になり効果が得れません。

ダイエットサプリのタイプは、

●皮下脂肪が多い方などは新陳代謝を高めるサプリ

●ご飯などの炭水化物や揚げ物などの油脂分を多く食べる方は脂肪を包んで排出し糖質の吸収をおさえるサプリ

●お腹まわりの脂肪が気になる方は便秘解消のサプリ

●筋肉を増やし代謝を高め脂肪を燃焼させる運動補助サプリ

などがありますが、肥満のタイプだけでなく体質などにも関係してくる為、選ぶ際には、十分な知識を得てから摂取する必要があります。

何でも摂取すれば良い訳なく、飲み合わせによって効果が高まるものもありますが、逆に危険なものもあるので、身近な分、充分に調べてから摂取しましょう。

ダイエットサプリならコチラ

アンチエイジングが期待されるサプリメント

ストレスを感じる、紫外線を浴びる、タバコを吸った時などは、体内で活性酸素が大量に作られます。

この活性酸素は、人間の体にとって良い面も悪い面もありますが、大量に発生してしまうと老化が進行したり病気の原因となったりします。

この活性酸素の発生を抑制する成分が抗酸化成分ですが、一般的に最も知られているのは、「コエンザイムQ10」です。

コエンザイムQ10は体内で合成される成分ですが、加齢と共に合成量が減少するため、食事など外部から補給しなければなりません。

「アルファリポ酸」も活性酸素から身体を守る役目を果たします。これは、若返りビタミンといわれるビタミンEの数百倍もあり、水溶性でも脂溶性でもあるため、体中のいたるところで作用することが可能な成分です。

また、酸化した抗酸化物質を復活させるという特徴も持っており、体内で酸化してしまったビタミンC、E、コエンザイムQ10、グルタチオンを再生します。

自然界で最高クラスの抗酸化作用を持つと言われているのが、カロチノイドの一種「アスタキサンチン」です。

アスタキサンチンは、紫外線を浴びたり、細胞でエネルギーが作られたときに発生する活性酸素の一種である「一重項酸素」を取り除く働きが、ビタミンEの数千倍、β-カロテンの数百倍にもなります。

活性酸素は身体の様々な器官を酸化してしまいますが、アスタキサンチンは特に脂質の酸化を抑制する働きが強いと言われております。

脂質の酸化は動脈硬化の原因ともなるため、アスタキサンチンの働きはアンチエイジングだけでなく、健康維持においても注目を浴びているのです。

NMNと一緒にレスベラトロールを摂取

やってはいけない妊活中のダイエット法

女性の肥満は、女性ホルモンのバランスが乱れて、卵巣で卵子が育ちにくくなって妊娠しにくくなりますし、男性の肥満も、精子の数が少なくなったり、精子の質が悪くなったりする可能性があります。

このため、女性に限らず男性でも、肥満の人は、妊活中に適度なダイエットを試みたほうがよいのですが、間違った方法でダイエットをすると逆効果になってしまいかねません。

それは、食事の量を制限したり、特定の食べ物に依存する「食べないダイエット」です。こういった方法でダイエットを続けていれば、確かに体重は減るかもしれませんが、妊活中の体には様々な悪影響が生じるおそれがあります。

食事制限をすると、妊娠をするにあたって必要な栄養素の不足に繋がってしまいます。その結果、生理不順になったり、生殖機能が低下してしまうことにもなりかねません。また、男性の場合は、精子の数が少なくなるだけでなく、精子の質まで悪くなってしまいます。

食事制限によるダイエットテの影響は、それだけにとどまらず、肌は荒れやすくなり、ニキビやシワもできやすくなります。

妊活中にダイエットをするにあたっては、必要な栄養素をしっかりと補給しながら取り組むことがなによりも大事なのです。

摂取したい妊活サプリ