早漏とEDとの関係

早漏は、膣内に挿入から射精するまでの時間を基準に定義するようなものではありませんが、射精のコントロールがうまく出来ないことを早漏とする意見もあります。

性行為の際に射精を促す交感神経が優位に働くと早漏になるとも言われています。

また、勃起には、心身がリラックス状態の時に働く副交感神経が重要な役割を果たしています。

すなわち、副交感神経が男性機能に直接的な性的刺激や、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚などから得られる性的な刺激を、勃起中枢神経へと運ぶことによって勃起が起るのです。

これは副交感神経により運ばれた性的な刺激が、勃起中枢神経に運ばれると血管拡張物質の一酸化窒素が大量に分泌されるために、ペニス内の血管が広がり大量の血液が海綿体に流れ込むことによって、海綿体の静脈が締め付けられ、充血状態となったペニスが勃起するというメカニズムです。

EDの原因は、不安やストレスといった心の病や自分の性器や性行為能力に対するコンプレックス、さらには包茎治療等が考えられます。

この観点からすれば、心身がリラックスできる状態を保つことは、副交感神経を刺激することにつながり、結果的にED改善に役立つとも言えます。

器質性勃起障害は、いくつかの身体的な理由から性交渉の時に必要な勃起が得られない状態のことをいいます。すなわち、陰茎を支配する神経や血管・組織などに障害がある場合や、内分泌機能に障害がある場合などがあります。

自分の性器や性行為能力に対するコンプレックスとの関連でいえば、様々な原因によって起きると考えられている早漏も、男性にとっては大きな心理的ストレスにつながる問題です。

そのため、過度なストレスによってEDに発展しているケースもあります。

「東京メンズサポートクリニック」は男性の下半身の悩みを解決します♪(pc版)

「東京メンズサポートクリニック」は男性の下半身の悩みを解決します♪(スマホ版)

リンパと血液の違い

全身を循環して働くという点ではリンパは血液と似ています。しかし、リンパ管は毛細血管よりも細く全身の狭い部分にもくまなく張り巡らされています。

これに対し、血液は、主に動脈を通って栄養や酸素を運び、静脈で老廃物を回収しますが、この静脈で取り込みきれなかった老廃物はリンパ管に流れて行きます。

また、血液の流れは心臓というポンプの働きをする器官によって体内を循環しますが、リンパにはポンプは存在しません。筋肉を動かしたり、さすったりすることでリンパは動くのです。

リンパの流れが悪くなると、肥満、むくみ、冷え性、腰痛、便秘、生理不順、生理痛など様々な不調を引き起こします。

このため、リンパマッサージによってリンパの流れをスムーズにして、体の中の老廃物を排出することで、健康を取り戻すことができます。

身体の表面を軽くなでるだけでも流れは良くなりますが、軽い運動やツボ押し、あるいは、マッサージなどをすると、さらにリンパを動かすことができます。

マッサージやヨガをすると、トイレが近くなるのは、リンパの働きを促したことによって、老廃物排出の働きが促進されたからなのです。

鍼治療の効果

認知症の予防や改善は可能?

認知症は病気として認められている症状です。そして、認知症は進行性の病であり、簡単に改善できる病気ではありません。

しかし、絶対に改善しない病気というわけでもありません。認知症は予防も改善もできる病なのです。

認知症を改善していくためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

■健康的な生活を心がける
 認知症には、誰もが突然なるわけではありません。たいていは、何かしらのきっかけらしきものがあり、前兆があり、次第に病気が進行していきます。
まずは、健康的な生活を心がけるようにしましょう。健康な生活は、日常生活の基本を整えればよいだけです。
栄養バランスの優れた食事をしっかりとったり、睡眠不足や代謝の低下をくいとめるというだけでも十分健康な生活を送れます。
 また、幾つになっても意欲をもって生活することが、毎日にうるおいをもたらします。やる気がなくなってしまったことで、一気に認知症を発症してしまう人も少なくないのです。

■専門家による早期治療
認知症は、早期から治療をスタートすると、大きな改善が見込めるといわれます。
このため、認知症?と疑われるような症状が認められたら、まずは、外来を受診してみることをおすすめします。
また、周囲も認知症を悪化させるような言動を控え、丁寧なケアをすることも大切です。

介護疲れを防ぐためのお役立ち情報(pc版)

介護疲れを防ぐためのお役立ち情報(スマホ版)

癌治療の現状

癌の療法は大きく分けて手術療法、化学療法、放射線療法の3つがあり、それぞれの療法が、単独あるいは併用で行われています。

そして、この癌の三大治療法は、いずれも、癌を外的な力で取り除こうとするものです。

しかし、これら三大療法は副作用も強く、何よりも、この療法自体が自然治癒力、免疫力そのものを極端に弱めるとして、これら療法の限界も明らかになりつつあります。

特に、癌細胞のみの消滅を試みる、放射線療法や多量の化学療法剤(抗がん剤)の投与は、免疫細胞までも同時に殺してしまい、白血球を極端に減少させてしまいます。

そこで、最近注目を集めているのが、副作用が無いか、もしくは少ない第4の療法としての「免疫療法」です。

人間は本来、病気やけがに対して自分で治 そうとする自然治癒力(免疫能・免疫力)を持っております。この人体の免疫システムに着目した療法として、免疫療法の可能性は確かのものになりつつあります。

近年免疫学が著しく発展し、免疫反応のかなり詳しい部分まで明らかになり、この免疫学の最新の知見をとり入れて、免疫療法を発展させていくことが可能となったのです。

酢の種類

こんな膝の症状は見逃さないで

自分の膝はまだまだ大丈夫。そう思っている人は多いと思います。でも、あなたは最近、次のようなな経験はありませんか。

□歩き始めるときに膝が痛い

□椅子から立ち上がるときに膝が痛い

□階段の上り下りのときに膝が痛い

□正座がしにくくなった

□膝の内側を押すと痛い

□膝に水がたまって腫れる

これらの症状を日常的に感じるようになったら要注意です。変形性ひざ関節症という病気の初期症状である可能性があねからです。

変形性ひざ関節症の原因は完全には解明されていませんが、年齢や性別が関係していることがわかっています。

「変形性ひざ関節症」はひざの関節の軟骨が傷つくことで、関節に炎症が起こり痛みが生じる病気です。やがて軟骨が傷むと動かしたときの衝撃が吸収できなくなり非常に強い痛みを生じます。

「変形性ひざ関節症」にかかると、ひざの痛みのためあまり歩かなくなり、脚の筋肉が衰えていきます。

ひざを守っている筋肉が衰えるとさらにひざに負担がかかります。

このような悪循環から脱するためには、早期に治療を受けることが大切です。

早期に治療を受ければ、痛みをコントロールして病気の進行を遅 らせることができます。

EMSと筋トレの違いは?

リンパの役割

人間の体には、血液、リンパ液、組織液という体液からなる水分が、約60%から70%を占めています。

この内、リンパ液は、血液の中に含まれている血漿の一部が血管の外にしみ出して組織液となり、これが、リンパ管に回収されて「リンパ液」となります。

リンパ管は透明で、細い管ですが、リンパ管の中を流れている無色透明の液体をリンパ液と言います。

リンパ管は、体のあらゆる部分に張りめぐらされているので、必然的に、リンパ液も体じゅうに行き渡っていることになります。

リンパ管には、当然、細菌や異物も入ってきますが、リンパ管の通り道にある「リンパ節」がフィルターの役割を果たして、これら異物を除去してくれます。

リンパ節は、全身で約800ヶ所にあり、特に、耳の下・わきの下・股関節あたりのそけい部に密集しております。

また、血液中に細菌などが侵入すると、「白血球」が菌などを退治するように、組織液に病原菌などが侵入した場合には、リンパ管に回収され、リンパ液と一緒にリンパ節へ運ばれていきます。そして、リンパ節のフィルターによって、リンパ液から菌が除去されます。

また、リンパには、「老廃物のろ過」という役割があります。リンパ液に入ってくる成分には栄養素や細菌だけでなく、アンモニア・尿酸・乳酸などの老廃物があり、これらが、リンパ液と一緒に体内を循環しますが、リンパ節のフィルターによって老廃物が取り除かれて、リンパ液はきれいにろ過され、再び静脈に入って心臓へ戻ります。


イオンクレンジングとは?

肝臓とアルコールとの関係

酒は、上手につきあえば「百薬の長」といわれておりますが、その一方で、酒(アルコール)を毎日飲む人は、『休肝日』をもうけましょうと言われるように、肝臓とアルコールには深い係わりがあります。

肝臓は、500種類もの化学反応を短時間で行なう臓器で、その働きは多岐にわたっています。

アルコールの分解もその1つで、肝臓で分解・吸収され、中性脂肪などに変えられて、エネルギー源として身体の各細胞に送られます。

そして、不要な分は、炭酸ガスと水になって体外に排出されます。  

肝臓がこうした働きを正常に行なえる範囲のアルコール量は、個人差はありますが、男性は1日40g(日本酒で換算すると約2合)、女性だと、1日20g(日本酒で換算すると約1合)とされています。アルコールの種類に関係はありません。

これ以上の量のアルコールをほぼ毎日、習慣的に飲み続けている、肝臓はどうなるでしょうか。

元々、肝臓は「沈黙の臓器」と言われており、一部にダメージが出ても、それを他の部分でカバーできるため、我慢強く働いてくれる臓器です。

しかし、これは、裏返せば、ある程度のダメージを受けていても、症状が現れにくいという事でもあります。

このため、悪い症状を自覚するようになると、すでに肝臓はかなり機能が低下していると考えられます。

そして、著しく悪化すると、元のように機能が回復するのは難しくなってしまいます。

肝臓が1時間に処理するできるアルコールの量は、一般的に日本酒約4分の1合です。

毎日、3合の酒を飲むと、肝臓は実に12時間もアルコールを処理し続けなければならないことになります。  

この状態が続くと、肝臓では生成した中性脂肪が肝臓内にたまるようになります。そして、肝臓の30%以上の細胞に脂肪がたまる状態を「脂肪肝」といいます。 

そうすると、肝臓では血流障害が起き、肝細胞の壊死、肝機能の低下が生じ、これが、さらに重篤な症状(肝炎、肝硬変など)へと進んでいくこともあります。

肝臓サプリで二日酔い対策(pc版)

肝臓サプリで二日酔い対策(スマホ版)

アレルギー性鼻炎の症状と治療

アレルギー性鼻炎は、くしゃみと水性鼻汁、鼻つまりを主な症状とする疾患で、風邪でもないのに鼻水、くしゃみ、鼻づまりを繰り返します。

主要な原因物質(抗原)は、年間を通じて症状を引き起こすダニやペット、ある時期だけ症状を起こす花粉があります。

抗原が鼻粘膜を通じて生体内に入るとIgE抗体が産生されて鼻粘膜の肥満細胞に付着します。

そして、鼻に再び抗原が入って来ると、肥満細胞上に付着していたIgE抗体と、新たに入った抗原が結合して、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー反応をひきおこす物質(化学伝達物質)が放出されます。

この化学伝達物質は、鼻の粘膜の神経や血管や粘液を産生する場所(腺組織)に作用して、発作性にくしゃみ、鼻汁、鼻つまりを生じます。これが、即時反応です。

そして、遅れて集まってきた炎症細胞から放出される物質によって、さらに鼻つまり生じます(遅発反応)。

こうした症状は、本来は入ってきた異物(抗原)を、くしゃみで吹き飛ばし、鼻汁で洗い流し、鼻つまりで、新たに異物を入れない様にするための生体防御の反応です。

しかし、こうした反応が過剰に起こってしまうと日常生活に支障を及ぼします。

治療としては、アレルギー性鼻炎の原因となる抗原の回避と除去が必要です。

多くは薬物療法が行なわれますが、症状や重症度に応じて、抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイド薬などを使用します。

鼻づまりが強いと手術も行なわれますし、特異的免疫療法によって根治を目指すこともできます。

花粉症やアレルギー症状の緩和に「じゃばら」(pc版)

花粉症やアレルギー症状の緩和に「じゃばら」(スマホ版)

認知症の要因

認知症とは、「普通の社会生活がおくれなくなった状態」のことを言いますが、認知症の状態は、神経障害(アルツハイマー病や脳血管障害)、性格傾向(気質・能力・対処スタイル)、生活歴、健康状態、感覚機能(視力・聴力)、その人を取り囲む社会心理(人間関係のパターン)の5つの要因が関係していると考えられております。

すなわち、本人の性格傾向や生活歴、健康状態や感覚機能などに配慮しつつ、家族や介護者が適切に接することによって、認知症の状態や現れる症状は変わって来るということです。

特に、健康状態は重要な影響を及ぼします。例えば、脱水症、低栄養、便秘傾向、不活発な生活などが原因で、認知症の症状が悪化する傾向にあるそうです。

その一方で、夜間せん妄や暴力行為が激しく、在宅介護苦の継続が困難な人が、施設に入所して、適切な水分と栄養を摂取することによって、こうした症状が消失した事例もあります。

また、便秘傾向のある高齢者が、排便の前に粗暴行為を行う傾向があることから、便秘が認知症の症状を悪化させる可能性も指摘されております。

寝たきりなど、不活発な生活を続けることによって認知症を発症したり、認知症の症状が悪化したりすることから、廃用性認知症という言葉も生まれました。

施設に入所したり、引っ越しをしたりして、その人を取り巻く環境が急激に変わることによって、認知症の症状が急速に悪化してしまう事例は数多くあります。

このように、認知症は脳の病気であると単純に割り切れるものではなく、脳以外の多くの要因によって、その状態が左右されるということなのです。

知的健康維持専用サプリ「記憶の素 極」

肝臓のALT数値を改善するためには

肝機能検査を受けた経験がある人は、「ALT数値」という言葉を知っていることでしょう。この数値は、肝臓がどのくらいのダメージを受けているのかを判断するものです。

もし、この数値が高いと、肝臓が何かしらの影響で弱っている状態になっている可能性があります。

高くなったALT数値を改善させていくためにはどうすれば良いのでしょうか。

ALT数値が高いのは、肝臓に負担がかかっている証拠ですから、肝臓の負担を減らして本来の機能を発揮できるようにすることです。

その最も取り組みやすいのは、生活習慣を見直すことです。夜更かしをしている場合は、早寝早起きを心がけ、食生活が乱れている場合は食事に注意を払いましょう。

また、現代人は、忙しい社会生活に巻き込まれて運動不足になりがちです。

運動不足もまた、肝臓に悪い影響を与えてしまう要因のひとつですから、1日15分でも良いので、運動をする習慣を身に付けましょう。

また、肝機能を高めるために肝臓に良い食べ物を食べることも大切なことです。

基本的に肝臓に良いとされている食べ物には、鉄分が多く含まれています。しかし、鉄分を過剰に摂取すると、肝臓に負担をかけてしまいますので注意が必要です。

これを避けるためには、サプリメントの飲用が手軽でおすすめです。

肝臓が忙しい臓器であることを意識し、食事、運動、休息の3つのバランスを取る生活を心がけましょう。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪